[新日本プロレス] 速報 10.30後楽園ホール Road to パワー・ストラグル:Jr.タッグトーナメント準決勝 ロッポンギ3Kvs.高橋ヒロム&BUSHI試合結果

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2017年10月30日(月)東京・後楽園ホール「Road to パワー・ストラグル 後楽園ホール大会」第7試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.10.30

全試合終了!

第7試合 Jr.タッグトーナメント準決勝
SHO&YOH(ロッポンギ3K)
vs.
高橋ヒロム&BUSHI

※調印証の3Kの欄には “いいよ” と書かれている。しかしJr.タッグ王座戦では無い。

BUSHIとSHOで試合スタート。2人はエルボーの打ち合いに。BUSHIがドロップキックを決めれば、SHOはキチンシンクからキック。そしてYOHとヒロムに。
ヒロムは権利証を突き出すが、YOHは丸めて捨ててしまう。そして2人は胸への張り手の打ち合い。YOHの胸が真っ赤になる。そしてヒロムがタックルでなぎ倒す。YOHがフォーアームで反撃すると、SHOが加わってカニバサミ&低空ドロップキックの連携技。そしてSHOがヒロムにミドルキック連打でなぎ倒す。そして2人はエルボーの打ち合いに。ヒロムがランニングエルボーでSHOをなぎ倒すと、場外に落としてSHOにエルボー。そして観客席に放り投げる。YOHも時場外でBUSHIに踏まれている。リングに戻るとヒロムはSHOにヒザで首を絞める。続いてBUSHIがTシャツで首を絞める。YOHが救出に来るが、ヒロムが加わってYOHに合体フェイスバスター。
ヒロムはSHOの胸に張り手を打ち込む。さらにジョンウーでロープに叩きつける。続いてBUSHIがやってきて2人でSHOにダブルSTFを決める。SHOも何とかロープに逃げる。今度はヒロムがSHOの頭を蹴るが、SHOは立ち上がって張り手で反撃。しかしヒロムは顔面かきむしり、しかしSHOはミドルキックで反撃する。そしてYOHと交代。
YOHはヒロムにバックエルボー、そしてセカンドロープにヒロムをかけてお腹にダブルニーを叩きつける。そして2人はエルボーの打ち合いに。ヒロムは顔面下痢をするが、YOHはエルボーで返す。しかしヒロムはコーナーへのフロントスープレックス。続いてBUSHIがダブルニーアタック、DDTを叩き込む。しかしYOHは風車式サイドバスターで反撃すると、SHOが加わってトレイン攻撃。しかしBUSHIはかわすと2人にミサイルキックをブチ決める。そして場外に落ちたYOHにスイサイドダイブ。そしてリングに残ったSHOにBUSHIとヒロムが低空ドロップキックのサンドイッチ。BUSHIはコードブレイカーを狙うがSHOはBUSHIを投げ捨てる、するとYOHが加わってBUSHIにダブルニーアタック。そして場外の2人にロッポンギ3Kが同時トペを決める。
リングに戻ると、SHOがBUSHIにジャーマンスープレックス3連発。そしてYOHが加わって合体フェイスバスターをBUSHIに決める。そして3Kを狙うが、ヒロムが救出に来る。ヒロムとBUSHIがSHOに合体ジャーマンスープレックス。SHOがBUSHIにブルーサンダーボムでダブルダウン。
BUSHIとYOHがエルボーの打ち合いに。そしてビンタの打ち合いに。するとBUSHIがエンズイギリを決めると、YOHにカナディアンデストロイヤー。続いてヒロムがSHOにパワーボム。そして2人はYOHダブルコードブレイカーを決めるがYOHはカウント2で返す。するとヒロムはYOHを抱え上げインスルヘンテスを狙うが、SHOが救出に来ると、SHOがヒロムにジャーマン。そしてヒロムに3K。SHOがBUSHIにバックスタバー、YOHがランニングキックを決めると、ロッポンギ3KがBUSHIに3Kを決めて3カウント!

■試合結果
SHO&YOH(ロッポンギ3K)
vs.
高橋ヒロム&BUSHI
フィニッシュ:3K
※ロッポンギ3Kがトーナメント決勝に進出!
※11月5日のJr.タッグトーナメント決勝戦は、田口&ACH組 vs. ロッポンギ3Kに!

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:1,728人(札止め)

ーーーーーーーーーー

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら

※:新日本プロレス関連情報はコチラ


(情報:新日本プロレス)