[新日本プロレス] 速報 1.4レッスルキングダム12 in 東京ドーム:第7試合結果、棚橋弘至vs.ジェイ・ホワイト

2018年1月4日(木)東京・東京ドーム「レッスルキングダム12 in 東京ドーム」第7試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2018.1.4

第7試合まで終了!

第7試合 IWGP IC王座戦
棚橋弘至(C) vs. ジェイ “スイッチブレード” ホワイト

※後頭部はエクステか?

ホワイトが力で棚橋をコーナーに押し込む。そこからグラウンドの攻防に。棚橋が腕をとると、ホワイトがエルボー。しかし棚橋はフライングフォーアーム。そしてホワイトは場外に逃げると、棚橋はプランチャを狙うが、ホワイトは避けてしまう。するとホワイトは棚橋のヒザに集中攻撃。鉄柵を使って痛めつける。そして棚橋をエプロンに上げて、ヒザにエルボーを叩きつける。
リングに戻ると、ホワイトは高速バックドロップ。さらにインディアンデスロックを決める。さらに羽折固めを決めるが、棚橋は何とかロープに逃げる。棚橋はヒザが痛くて倒れてしまう。ホワイトはヒザに追撃、棚橋もエルボーで反撃、そしてついに棚橋がドラゴンスクリューを決める!さらに河津落とし。棚橋はボディスラムからサマーソルトドロップ。しかしホワイトは裏から棚橋の足を蹴る。しかし棚橋はホワイトの右足をロープに乗せて、左足にドラゴンスクリュー。さらにロープ越しのドラゴンスクリューを決める!場外に避難するホワイト、棚橋はコーナーに登ってハイフライアタックを決める!
リングに戻るとホワイトが逆水平チョップで反撃、さらにブッこ抜きジャーマン、そして場外に行くとホワイトは場外で棚橋を持ち上げてエプロンに叩きつける!ゴツン!
ホワイトはコーナーに登って何か狙うが、棚橋はゴロゴロと逃げてしまう。ホワイトはリングに降りて棚橋にストンピング。しかし棚橋はホワイトの顔に張り手を叩き込む!さらにもう1発決めるが、ホワイトはコーナーマットに向けて棚橋を投げる。さらにバックドロップからサイドスラム!そして再びトップロープに登ると、ホワイトはミサイルキックを狙うが、棚橋は避けてドラゴンスクリュー。今度は棚橋がトップロープに登るが、ホワイトも上がって来るが、棚橋は雪崩式ツイスト&シャウトを決める!さらに強烈な張り手。しかしホワイトはハーフネルソンスープレックス、棚橋もスリングブレイド2発で反撃。
そして棚橋はハイフライアタックを決めると、再びトップロープに登ってハイフライフローを狙うが、ホワイトは避ける!するとホワイトは十字架固めから棚橋の顔にエルボー連打、そしてキウィクラッシャーを決めるが、棚橋はカウント2で返すと、ホワイトはブレードランナーを狙うが、棚橋はドラゴンスープレックスで切り返して反撃!
再びトップロープに登る棚橋はホワイトの背中にハイフライフロー、そして今度はホワイトのお腹にハイフライフローを決めて3カウント!

■試合結果
棚橋弘至(C) vs. ジェイ・ホワイト
フィニッシュ:ハイフライフロー
※棚橋弘至が王座防衛に成功!

ーーーーーーーーーー

※:ケニー・オメガvs.クリス・ジェリコの結果はこちら

※:IWGP Jr.ヘビー級王座4WAY戦の結果はこちら

※:第4〜5試合の結果はこちら

※:第2〜3試合の結果はこちら

※:第0〜1試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)