[新日本プロレス] 速報 1.4レッスルキングダム12 in 東京ドーム:第6試合結果 IWGP Jr.ヘビー級王座4WAY戦

2018年1月4日(木)東京・東京ドーム「レッスルキングダム12 in 東京ドーム」第6試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2018.1.4

第6試合まで終了!

第6試合 IWGP Jr.ヘビー級王座フェイタル4WAY戦
マーティ・スカル(C) vs. KUSHIDA vs. 高橋ヒロム vs. ウィル・オスプレイ

※ダリルJr.登場、しかしすぐ武者修行に出るそうです。

まず4人は間合いを図る、するとスカルが場外にいく。ヒロムがやられてオスプレイがKUSHIDAにドロップキック。しかしスカルがフォールさせない。すると今度はKUSHIDAがオスプレイに側転ドロップキック。しかしスカルがフォールさせない。オスプレイはKUSHIDAとスカルにダブルオーバーヘッドキック。そしてオスプレイはKUSHIDAを踏み台にしてスカルにハリケーンラナ、ヒロムに側転ドロップキックを決める。
スカルはヒロムの手を踏んでドロップキックで場外に落とす。さらにエプロンから場外のヒロムにスーパーキック。そしてKUSHIDAが場外の3人にトペコンヒーロを決める。今度はオスプレイが場外の柱の上に登って3人の上にムーンサルトを決める!そしてカメラにウインクするオスプレイ。
リングに戻ると、オスプレイはKUSHIDAに串刺しドロップキック。その場跳びシューティングスターを狙うが、KUSHIDAはヒザで迎撃。オスプレイはスワンダイブ式エルボードロップを狙うが、KUSHIDAは飛びつき腕十字。しかしスカルが入ってきて丸め込む。その後スカルがオスプレイに、KUSHIDAがヒロムにアームロック。しかしヒロムがやばそうだったので、スカルはKUSHIDAを¥のアームロックを止める。するとKUSHIDAとスカルがエルボーの打ち合い、KUSHIDAはミドルキック。しかしスカルはKUSHIDAのヒザをキック。しかしオスプレイがスカルにエンズイギリ。するとスカルとオスプレイがラリアットの打ち合いに、KUSHIDAとヒロムがラリアットの打ち合いになり全員ダウンしてしまう。
4人は話になって叩き合う。そこからスカルとオスプレイがKUSHIDAとヒロムの頭をキック、オスプレイはスカルにエンズイギリ。さらにオスカッターを狙うが、スカルはクロスフェイスチキンウィング、しかしKUSHIDAがカット。KUSHIDAはヒロムにシェルショック、しかしヒロムはKUSHIDAをフロントスープレックスでコーナーに投げる。オスプレイはヒロム、KUSHIDA、スカルにスーパーキック。するとオスプレイはKUSHIDAにシューティングスタープレスを狙うが、スカルが飛び込んで攻撃。さらにファイヤーマンズキャリーネックブリーカー、そしてオスプレイに押すカッターを決めるが、ヒロムが何とかカット!
スカルはリング下からテーピングを出して、ヒロムの手をテープで鉄柵に巻きつけてしまう。さらに指ポッキン。しかしリングに戻ると、KUSHIDAがスカルに指ポッキン。さらにオスプレイに雪崩式腕十字。さらに三角締め。オスプレイはKUSHIDAを持ち上げ、コーナーマットに叩きつける!
スカルはパウダーをリング下から取り出すと、KUSHIDAにパウダー攻撃。そして丸めこもうとするが、KUSHIDAは何とかバックトゥザフューチャー、しかしオスプレイがコークスクリューキックでカット。そこにヒロムが復帰して、オスプレイに場外へのパワーボム。スカルにダイナマイトプランジャー。そこにオスプレイが復帰して、スカルとオスプレイが協力してヒロムにスーパーキックの連打。しかしヒロムがオスプレイにミサイルキックを叩き込む。さらにヒロムはエプロンでスカルにデスバレーのボム? するとKUSHIDAがヒロムに場外へのパワーボム! さらにオスプレイがシューティングスターアタック!
そしてリングに戻ると、オスプレイはヒロムに逆回転ファイヤーバードスプラッシュ、しかしヒロムがオスプレイにタイムボムを決めるが、スカルがレフェリーを場外に落とす。スカルがみんなに傘攻撃。しかしオスプレイがスカルにその場跳びスパニッシュフライ、そしてオスカッターを決めて3カウント!

■試合結果
マーティ・スカル(C) vs. KUSHIDA vs. 高橋ヒロム vs. ウィル・オスプレイ
フィニッシュ:オスカッター
※オスプレイが新IWGP Jr.ヘビー級王者に!

ーーーーーーーーーー

※:棚橋弘至vs.ジェイ・ホワイトの結果はこちら

※:第4〜5試合の結果はこちら

※:第2〜3試合の結果はこちら

※:第0〜1試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)