[新日本プロレス] 速報 1.5後楽園ホール ニューイヤーダッシュ!!:第6〜7試合結果、NEVER6人タッグ王座戦、鈴木が棚橋を標的に

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2018年1月5日(金)東京・後楽園ホール「NEW YEAR DASH !!」第6試合以降の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2018.1.5
ニューイヤーダッシュ!! 試合結果

第6〜7試合まで終了!

第6試合 NEVER6人タッグ王座戦
石井智宏&矢野通&バレッタ(C)
vs.
バッドラック・ファレ&タマ・トンガ&タンガ・ロア

※バレッタとタマで試合スタート、タマはバレッタにパンチの厳しい攻撃。バレッタも逆水平チョップで反撃。場外に避難するタマ、そしてリングはファレと矢野に。
矢野はファレに突っ込むが弾き飛ばされてしまう。矢野はコーナーマットを剥ごうとするが、ファレに邪魔される。矢野はブレークするがファrに
足を引っ張られる。レフェリーが止めに入るとファレは抗議するが、その隙に矢野はフィレの頭を叩く。ファレは矢野にブレーンバスター、続いてタマが矢野にストンピング連打。タンガが持ち上げてアバランシュホールド、ファレも来ると2人でヘッドバット。ファレが矢野を踏みつけてからボディプレス。しかし石井が救出に来るが、石井はファレとタンガに追い出されてしまう。タマは馬乗りパンチで矢野を攻撃。苦しい矢野だが、石井のアシストでタンガにマンハッタンドロップを決めて石井と交代。
石井とタンガはぶつかり合うが、最終的に石井がタンガをなぎ倒す。石井はエプロンのファレを落とそうとするが弾き飛ばされてしまう。するとタンガに投げ飛ばされてしまう石井、タマはブレーンバスターを狙うが石井はタマにヘッドバットを決めてブレーンバスターを叩き込む。そしてバレッタと交代。
バレッタはタマにバックエルボー、ドロップキックを叩き込むと、さらにトルネードDDT.
タンガが救出に来るが、矢野と石井がタンガを止める。シアkしタンガは2人を弾き飛ばすと、さらにファレが矢野と石井を場外に落とす。するとバレットクラブがバレッタにトレイン攻撃。さらにタマがバレッタにベレのを決めるがカウント2!バレッタもジャーマンスープレックスで反撃すると、両軍入り乱れての攻防となり、石井がファレにジャーマンスープレックス。リングにはバレッタとタマが残る。
タマはヘッドバットをかますが、バレッタはエンズイギリ。しかしそこにタンガがきてバレッタに合体トンガンツイストを決めてしまう。そしてタマ&タンガが両コーナーに登ると、タンガがボディプレスを狙うが、避けたバレッタはコーナーのタマをぶん投げる。タマはそれでもガンスタンを狙うが、バレッタはデュードバスターで切り返そうとするが、タマがガンスタンを決めて3カウント!

■試合結果
石井智宏&矢野通&バレッタ(C)
vs.
バッドラック・ファレ&タマ・トンガ&タンガ・ロア
フィニッシュ:ガンスタン
※ファレ&タマ&タンガが新NEVER6人タッグ王者に!

ーーーーーーーーーー

第7試合 8人タッグマッチ
棚橋弘至&マイケル・エルガン&レイモンド・ロウ&ハンソン
vs.
鈴木みのる&ザック・セイバーJr.&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

※鈴木みのるは昨日の負けで八木哲大と同じ髪型に

鈴木軍の奇襲で試合スタート、そしてみんなで場外乱闘に!場外では鈴木が棚橋弘至を攻撃。リングにはザックとロウの2人に、ザックを攻めるロウだがアーチャーがロウに体当たり。すると鈴木がロープ越しの腕十字。さらにスミスJr.のドロップキック。しかしロウもパワースラムで反撃、しかしアーチャーが来てロウにストンピング。そしてKESが等を持ち上げてダブルボディスラム!しかしロウはアーチャーにキックを決めてエルガンと交代、その隙に鈴木は棚橋を攻撃している。ザックがエルガンにフロントネックロック、しかしエルガンは強引にブレーンバスター、さらにブルーサンダーボムを決める。しかしザックはエルガンの腕にオーバーヘッドキック。エルガンも逆水平チョップで反撃、ザックはエルボースマッシュを叩き込むが、エルガンはラリアットでザックをなぎ倒す。エルガンはザックを持ち上げようとするが、ザックは抜け出してヨーロピアンクラッチ。そしてザックはスミスJr.と交代。その隙に鈴木は棚橋の右ヒザをパイプ椅子で殴る。
リングではスミスJr.がウォー・マシンとエルガンのトレイン攻撃を受けている。しかし鈴木軍がなだれ込んでウォー・マシンを追い出す。すると棚橋がきて鈴木軍を追い出すが、鈴木が棚橋にヒールホールドを決めて場外に転がり落ちる。リングでは両軍入り乱れての攻防となり、ザックがロウに三角締めを決めるが、ハンソンがラリアットで救出。しかしKESが来ると、ハンソンにキラーボムを決めて3カウント!

■試合結果
棚橋弘至&マイケル・エルガン&レイモンド・ロウ&ハンソン
vs.
鈴木みのる&ザック・セイバーJr.&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
フィニッシュ:キラーボム

※試合後、鈴木は棚橋弘至をリングにあげる。そしてパイプ椅子を取り出して棚橋弘至の右ヒザを叩いてしまう。さらにヒールホールドを決めると、IC王座のベルトを取って次の標的はお前だと言う。

ーーーーーーーーーー

※:第8試合の結果はこちら

※:第4〜5試合の結果はこちら

※:第1〜3試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)