[新日本プロレス] 速報 3.25米国 ストロング・スタイル・エボルブド:ゴールデン☆ラヴァーズvs.ヤングバックス試合結果

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
現地時間2018年3月25日(日)カリフォルニア州ロングビーチ「STRONG STYLE EVOLVED」第9試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2018.3.26
ストロング・スタイル・エボルブド 試合結果

全試合終了!

第9試合 タッグマッチ
ケニー・オメガ&飯伏幸太
vs.
ヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン)

※ニックはケニーに対し何かを抑えられない。飯伏とマットで試合スタート!しかしマットはケニーを要求。飯伏はケニーと交代。マットはケニーに何か言っていると、マットはエプロンの飯伏を攻撃してしまう。そしてリングはニックと飯伏に。
ニックと飯伏はお互いの技をよけ合う。ハイキックが同時に当たると、飯伏は日記にハイキック。そしてマットが出てくると、飯伏はマットの痛めている腰にキック。飯伏はさらにキックを叩き込むが、そこにケニーが飯伏を止めに来る。するとヤングバックスが連携で飯伏、そしてケニーを攻撃。しかしケニーがヤングバックスを場外に落としてノータッチトペを狙うが、ケニーがジャンプする瞬間ニックがエプロンに登って顔面にキックを叩き込む。さらにニックが場外のケニー飯伏のトペ・コンヒーロ!
するとマットがテーブルを取り出すが、ニックがマットを止める。リングに戻るとヤングバックスが飯伏に連携攻撃で攻めていく。飯伏もキックで反撃し、場外のニックにダイブを決める!しかしリングに戻ると、マットが飯伏を投げてニックがハイキック。飯伏もマットにドロップキックを叩き込む!するとケニーがダイビングクロスボディ、しかしニックがバックエルボーを叩き込む。飯伏はマットの腰にキックを決めると、マットはかなりキツイようす。ケニーと飯伏はニックに連携攻撃を決めて場外に落とすと、ヤングバックスにクロススラッシュを決める。
リングに戻るとケニーがマットにカミカゼを決めると、ケニーと飯伏の2人でムーンサルト!さらにケニーがマットをコーナーマットに叩きつける。そして飯伏がマットの腰を蹴る。苦しいマット。マットは飯伏に唾を吐きかけると、飯伏は怒りのエルボー連打。続いてケニーがマットにバックブリーカー。マットの腰はもう限界か?
何とかニックと交代したいマットだが、ケニーはマットの腰をエプロンに叩きつける。それでも何とかニックにタッチすると、ニックは1人でケニー飯伏を蹴散らしてしまう。マットはケニーを場外に落とすと、ニックがスイサイドダイブ。リングではマットが飯伏にスライスブレッド、ニックがサッカーボールキックを叩き込む!
ニックがセカンドロープに登ると、マットがニックに何か話してゴールデンシャワーをしようとする。すると飯伏がニックを叩き落とすと、そこにケニーがやってきてマットにダブルスーパープレックスを決める!
ケニー飯伏はゴールデンシャワーを狙うが、ニックが戻ってきて阻止をする。そしてニックはエプロンでケニーにジャーマンを決めると、さらにテーブルにケニーを寝かせる。しかし飯伏が救出、するとケニーがマットを片翼の天使でテーブルに叩き付けようとすると、そこに飯伏がやってきてロープに立ってマットに投げっぱなしジャーマン。さらに飯伏はマットにコンビネーション、しかしマットはスーパーキック。そこにケニーがマットを攻撃し、飯伏がジャーマンを決めてケニーがヒザを叩き込む!飯伏はマットの腰に蹴りを入れると、さらにその場跳びムーンサルトを狙うが、マットはヒザで迎撃。さらに飯伏にシャープシューターを決めるが、そこにケニーがやってきてマットを殴る。
立ち上がったマットにケニーはエルボー連打を打ち込むが、そこにニックがスーパーキックをケニーに叩き込む。するとマットは再び飯伏にシャープシューターを決める。しかしマットは腰が痛いので決めきれず。
マットが飯伏を持ち上げると、ヤングバックスは飯伏にモアバンフォーユアバックを狙うが、マットはテーブルの所にいたケニーにダイビングエルボーを叩き込む!テーブル真っ二つ!
そしてマットが飯伏の足をロープにかけると、そこにニックがファイヤーバードスプラッシュ!飯伏は1人で反撃するが、ヤングバックスはダブルスーパーキック。そこにケニーが救出にくるが、ヤングバックスは2人でケニーにスーパーキックを叩き込むが、飯伏がダブルオーバーヘッドキックでケニーを救出!
そしてケニーとマットが殴り合うと、ケニーが投げっぱなしドラゴンスープレックス、そしてマットがパイルドライバーを決める!するとマットは腰に巻いていたベルトを取ってケニーを殴る、そして飯伏も殴る。再びケニーをベルトで殴ろうとするが、ケニーはよけてベルトを奪う。しかしケニーはベルトを投げて、マットに膝を叩き込む。そしてVトリガーを狙うケニーだが、マットはカウンターのスピアー。インディていかを狙うヤングバックス、しかし飯伏がニックを場外から持ち上げてアナウンステーブルにパワーボムで叩きつける。
そしてリングのマットにはPKこころを決めるがカウント2!ケニーはマットにVトリガーを狙うが、マットはその前に崩れ落ちてりまう。ケニーはマットを起こそうとするが、マットはキックで反撃。そこに飯伏が来てマットを攻撃、躊躇するケニーに行けという飯伏。Vトリガーを決めたケニーは、片翼の天使を狙うがケニーはまた躊躇する。マットは自分でやれと言ってケニーは片翼の天使を決めるが、カウント2でニックがカット!
するとニックが1人でケニー飯伏を攻撃するが、ケニーがヒザ、飯伏がジャーマンを叩き込んで排除すると、倒れているマットを起こしてゴールデン☆トリガーを叩き込み3カウント!

■試合結果
ケニー・オメガ&飯伏幸太
vs.
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン
フィニッシュ:ゴールデン☆トリガー

※試合後コーディが現れて敗れたマットに何か文句を言っている、そして止めに来たニックを押し倒してしまうコーディ。そこにケニーが救出にくると、ニックと握手をする。そしてマットとも握手をしようとするが、マットは拒否して戻ってしまう。

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:4,372人(札止め)

ーーーーーーーーーー

※:第7〜8試合の結果はこちら

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)


最近よく分からない事が多いんだけど、内輪受けネタなんですか?