[新日本プロレス] 速報 12.18後楽園ホール Road to 東京ドーム:第7〜8試合結果、棚橋弘至とジェイ・ホワイトが登場、それより棚橋の頭が……。

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2017年12月18日(月)東京・後楽園ホール「Road to 東京ドーム 後楽園ホール大会」第7試合以降の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.12.18
Road to 東京ドーム 試合結果

第7〜8試合まで終了!

第7試合 6人タッグマッチ
天山広吉&小島聡&飯伏幸太
vs.
タマ・トンガ&タンガ・ロア&レオ・トンガ

※タマと飯伏で試合スタート!タマがヘッドロック、そしてショルダータックルでなぎ倒すが飯伏はピョンと起き上がる。飯伏はタマを倒してその場跳びムーンサルトを狙うが、タマはヒザで迎撃。そこにタンガが来るが、飯伏はダブルオーバーヘッドキックを決めると、天山と交代。
天山と小島が2人でタンガを攻撃、そして天山のブレーンバスター。そしてモンゴリアンチョップを決めるが、タマが天山を場外に引き摺り落として場外戦に。場外線はバレットクラブが優勢に。
リングに戻ると、タンガが天山にナックルパンチ。さらに天山を持ち上げてコーナーに叩きつけてレオと交代。レオは天山に逆水平チョップ、エルボーを叩き込む。続いてタマがモンゴリアンチョップ、しかし天山がマウンテンボムで反撃。すると小島がタマにマシンガンチョップ。さらにタンガとレオも加えて3人にマシンガンチョップ。しかしレオが邪魔して行かせない!今度はバレットクラブが小島にトレイン攻撃、そしてレオがサモアンドロップ。タマはガンスタンを狙うが、小島はコジコジカッターで切り返してリングは飯伏とレオに。
飯伏はタマにハリケーンラナで場外に落として、そして三角跳びケブラーだ。タンガにキックしてレオにはミサイルキック。しかしレオはコンプリートショットで反撃。飯伏もコンビネーションからバズソーキック、そしてカミゴェを叩き込んで3カウント!

■試合結果
天山広吉&小島聡&飯伏幸太
vs.
タマ・トンガ&タンガ・ロア&レオ・トンガ
フィニッシュ:カミゴェ

ーーーーーーーーーー

第8試合 タッグマッチ
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI
vs.
鈴木みのる&飯塚高史

※鈴木は今日もバリカン持参で登場。鈴木は入場する後藤を襲って髪を刈ろうとするが、後藤は何とか阻止。そしてリングに上がって試合スタート。鈴木は後藤の胸にキックの連打、さらにエルボーを叩き込む。後藤もショルダータックルで反撃してヨシハシと交代。
ヨシハシは鈴木に逆水平チョップ、そしてトップロープにかけてのドロップキック。しかし場外から飯塚がパイプ椅子でヨシハシを殴ると、鈴木は後藤を捕まえて場外に。そして西の看板に後藤を叩きつける。飯塚は東の方の観客席でヨシハシを攻撃。さらに鉄柱に叩きつける。そして鈴木がヨシハシにロープ越しの腕十字。さらにサッカーボールキックを叩き込む。後藤はまだ場外で倒れている。さらに飯塚が助走をつけてヨシハシの右ヒジを噛み付き攻撃。さらにヨシハシの頭に噛み付く。続いて鈴木がアームロック。ここで後藤が救出にくるが、鈴木は後藤にアキレス腱固めを決めてしまう。飯塚はヨシハシのつま先を噛み付く。鈴木がヨシハシを挑発すると、ヨシハシは逆水平チョップを叩き込む。さらにソバットを決めて後藤と交代。
しかし鈴木は後藤にエルボー連打、後藤もエルボーで返す。しかし鈴木の強烈なエルボー、後藤はムラマサからバックドロップを決める。さらにサッカーボールキック3連発。鈴木はボディからヒザ、そしてサッカーボールキックを狙うが後藤は防いでしまう。そしてエルボーの打ち合いに、今日は後藤は打ち負けない。厳しいけど何とか粘る後藤がだが、鈴木は隙をついてスリーパー。そして飯塚とのトレイン攻撃。鈴木のサッカーボールキック。そしてエルボーで後藤は崩れてしまう。鈴木はスリーパーを決めると、鈴木はゴッチ式パイルドライバーを狙うが後藤は何とか粘っていると、ヨシハシが救出にきてカチ上げラリアットを鈴木に叩き込む。すると後藤は鈴木に牛殺し、そして鈴木に裏GTR、表GTRを狙うが飯塚が救出にくる。飯塚を排除すると、後藤は鈴木に腕十字を完璧に決める!しかしデスペやタイチがなだれ込んで後藤を襲う。そして反則に。

■試合結果
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI
vs.
鈴木みのる&飯塚高史
フィニッシュ:反則

※試合後鈴木はマイクを取って、NEVER王座の挑戦受けてやる、ノーセコンド、敗者髪切デスマッチで勝負だ。勝った方がNEVERのベルト、バリカンをゲットだ。やるのかやらないのか? と言うと、後藤は俺が勝つと言って答える。

※さらにその後棚橋が現れて、今日休んで申し訳ありません。いま全力で治療中です。1.4東京ドームは万全の状態にして出ますと宣言!

その後ジェイ・ホワイトが現れると、棚橋はホワイトにエルボーを叩き込む。エルボーの打ち合いとなり、打ち勝ったホワイトは倒れた棚橋の右足を掴んでドラゴンスクリュー、そして棚橋の両腕を挟んで棚橋にエルボーを叩き込むと、棚橋は気を失ってしまう。するとホワイトは棚橋にブレードランナーを決めて帰っていく。

ーーーーーーーーーー

※:オカダ&SHO&YOHvs.内藤&BUSHI&ヒロムの結果はこちら

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)

※:新日本プロレス関連情報はコチラ