[新日本プロレス] 速報 12.18後楽園ホール Road to 東京ドーム:オカダ&SHO&YOHvs.内藤&BUSHI&ヒロム 試合結果

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2017年12月18日(月)東京・後楽園ホール「Road to 東京ドーム 後楽園ホール大会」第9試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.12.18
Road to 東京ドーム 試合結果

全試合終了!

第9試合 IWGPヘビー級王座前哨戦
オカダ・カズチカ&SHO&YOH
vs.
内藤哲也&BUSHI&高橋ヒロム

※内藤の奇襲で試合スタート、トランキーロではいられないのか? 内藤はオカダを場外に落として鉄柵に叩きつける。しかしオカダが内藤を鉄柵に叩きつけてフロントハイキック!
そしてリングに戻ると、内藤の顔にキックを叩き込んでYOHと交代。YOHとSHOが連携攻撃で内藤を襲う。さらにYOHが内藤にチョップ。しかしBUSHIがエプロンからYOHにキックすると、内藤がカニバサミからヒロムがYOHに低空ドロップキック。続いてBUSHIがTシャツで首を絞める。さらにダブルニーアタックからネックブリーカー。そしてヒロムにタッチすると、ヒロムはまたYOHの胸にチョップの連打を叩き込む!もうYOHの胸が紫色に。続いてBUSHIもYOHの胸にチョップ。さらにSTFを決める。何とかロープに逃れるYOH。さらに内藤とBUSHIの連携攻撃。またヒロムがYOHの胸にチョップ、そして低空ドロップキック。YOHもチョップで反撃して延髄斬りを叩き込んでSHOと交代。
SHOはジャンピングエルボー、そしてBUSHIをエプロンに座らせて低空ドロップキック。そしてヒロムにハリケーンラナ、さらにヒロムの手を握ったままキックの連打。しかしヒロムもパワーボムで反撃!そしてリングは内藤とオカダに。
内藤は自分のヒザにオカダの後頭部を叩きつける。さらに低空ドロップキック、ネックブリーカーを決める。そして振り子式ドロップキック。内藤はオカダをトップロープに乗せるが、抜け出したオカダはツームストンを狙う。抜け出した内藤はエンズイギリ、しかしオカダはコブラクラッチホールドを決めてしまう。しかしBUSHIが救出にくる。
オカダはボディスラムからダイビングエルボーを決める、そしてレインメーカーポーズ。レインメーカーを避けた内藤はデスティーノを狙うが、オカダは抜け出してしまう。シアkし内藤はジャンピングエルボーを叩き込む。オカダはYOHと交代。
YOHはジャンピングエルボー。さらに内藤にファルコンアローを決めると、SHOが加わってダブルニーを叩き込む。そしてSHO&YOHの連携攻撃からカニ動き。しかし背後からBUSHIとヒロムが襲う。しかしオカダがBUSHIにフラップジャック。しk祭内藤がオカダにジャーマン。内藤はYOHにスパインバスター、グロリアを叩き込む。そして内藤は捕まっているオカダを見ながらYOHにデスティーノを決めて3カウント!

■試合結果
オカダ・カズチカ&SHO&YOH
vs.
内藤哲也&BUSHI&高橋ヒロム
フィニッシュ:デスティーノ

※試合後、内藤はオカダをリングにあげる。そして内藤はオカダに握手を求める。拒否するオカダ、内藤はオカダを蹴って外道も襲う。するとオカダはドロップキックで反撃しようとするが、内藤は避ける。オカダも内藤の攻撃を避けるとオカダはコブラクラッチを決める。しかし内藤はコブラクラッチを抜け出すと、オカダの股間を蹴り上げる。そしてオカダにデスティーノを叩き込む!
そして内藤は会場のお客さんの声援は自分の方が多い、惨めだなオカダと言って倒れているオカダの横に寝そべり、1.4東京ドームまであっせんなよと言う。

ーーーーーーーーーー

※:第7〜8試合の結果はこちら

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)

※:新日本プロレス関連情報はコチラ