[新日本プロレス] 速報 10.9両国 キング・オブ・プロレスリング:第1〜2試合結果、矢野通劇場

2017年10月9日(月)東京・両国国技館「キング・オブ・プロレスリング 両国大会」の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.10.9

第1〜2試合まで終了!

第1試合 6人タッグマッチ
バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&レオ・トンガ
vs.
SANADA&BUSHI&高橋ヒロム

※ヒロムがガウンをファレに投げつけて、L・I・Jの奇襲でスタート!しかしヒロムはファレにボディスラムで叩きつけられてしまう。さらにファレに座られてしまうヒロム。続いて裕二郎がヒロムにレッグドロップ、そしてレオ・トンガが入ってくる。
レオはヒロムを高く持ち上げてボディスラム、さらにハンマーパンチ。そして裕二郎がヒロムの顔面を掻きむしる。そして顔面キックを決めるが、低空ドロップキックをかわされるとヒロムはハリケーンラナで反撃。レオが出てくるがヒロムは猫みたいにSANADAと交代。
SANADAはレオをリープフロッグでかわしてドロップキック、さらに場外に逃げたレオにノータッチトペを決める!そしてリングに戻るとレオにヘッドバットをかますが、レオもヘッドバット2発を返す。そしてBUSHIがレオにミサイルキックを決めると、ファレがBUSHIに串刺し体当たりからのボディプレス。ファレはバッラックフォールを狙うが、ヒロムがダリルを持ち出してファレの動きを止める。するとBUSHIは抜け出してファレに毒霧をかます。そして丸め込んで3カウント!

■試合結果
バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&レオ・トンガ
vs.
SANADA&BUSHI&高橋ヒロム
フィニッシュ:横入り式エビ固め

ーーーーーーーーーー

第2試合 タッグマッチ
後藤洋央紀&矢野通
vs.
鈴木みのる&ザック・セイバーJr.

※鈴木軍の奇襲で試合スタート、鈴木は場外で矢野の首をヒモで締める。ザックも場外で後藤を攻撃している。さらに鈴木は矢野を殴ってリングに戻す。リングではキムラロックを決める鈴木。何とかロープに逃げる矢野。そこにザックがやってきて矢野の両手に腕十字を決める。
そしてザックが矢野にインディアンデスロック、そこからザックはブリッジを決める。さらに矢野の指も極めるザック。続いて鈴木もインディアンデスロックから脇固め。さらにザックが矢野の腕を極めると、矢野はロープに逃げて?レフェリーが止めに入る。
矢野は何とかザックにマンハッタンドロップを決めて後藤と交代。後藤はザックにムラマサ、そして強引にバックドロップを決める。そしてダイビングエルボーを狙う後藤だが、ザックは待ち構えて三角締めを決める。さらに後藤の腕まで極めるザック。しかし抜け出した後藤は牛殺しを狙うが、ザックは体を入れ替えてスリーパー。さらにオクトパスホールドを決めるが、抜け出した後藤は強引に牛殺し!そしてリングは鈴木と矢野に。
矢野はコーナーマットを外して、ヤノトールーをしようとするが鈴木は背後からキック。矢野は逃げようとするが鈴木に捕まってしまう。さらにサッカーボールキックを叩き込む鈴木。矢野はローブローを狙うが、鈴木はかわしてヘッドバットを決める。すると矢野は場外に逃げるが、追ってきた鈴木に鉄柵に叩きつけられる。すると鈴木はリング下から黒黄のロープを取り出し矢野の腕と体を縛ってしまう。
場外カウントが進むが、矢野は場外で鈴木にローブロー。矢野がリングに戻るとカウント20で鈴木はリングアウト負けとなってしまう。
※試合後、矢野は鈴木のNEVERのベルトを持ち去ってしまう。

■試合結果
後藤洋央紀&矢野通
vs.
鈴木みのる&ザック・セイバーJr.
フィニッシュ:リングアウト

ーーーーーーーーーー

※:第3試合以降の結果はこちら

※参考:9.24 ディストラクション神戸で何が起こった?

※参考:9.24 ディストラクション in 神戸 試合結果


(情報:新日本プロレス)