[WWE] 速報 レッスルマニア34 試合結果:第10〜11試合結果、ブロック・レスナーvs.ロマン・レインズ、謎の少年ニコラス

現地時間2018年4月8日(日)ルイジアナ州ニューオーリンズ「WWE WRESTLEMANIA 34」第10試合以降の試合結果速報です。


WWE.com 2018.4.8
レッスルマニア34 試合結果
(Live Coverage: Wrestlemania 34 Result)

全試合終了!

第10試合 RAWタッグ王座戦
シェイマス&セザーロ(C)
vs.
ブラウン・ストローマン&ニコラス
※ストローマンはパートナーを見つけなければならない。1人で登場したストローマンは、会場にいたチビッコを見つけてパートナーにしてしまう。彼の名前はニコラス!そして本当に試合が始まってしまう!


※シェイマス&セザーロは二人掛かりでストローマンを攻める。さすがにストローマンでもこの2人を相手に1人はキツそう。ニコラス君はエプロンで震えている。何とか反撃したストローマンはニコラスにタッチを求める。そして本当にタッチするニコラス。そんなニコラスを睨むセザーロ、後退するニコラスにタッチしたストローマンは、セザーロにランニングパワースラムを決めて3カウント!
勝者:ストローマン&ニコラス

ーーーーーーーーーー

第11試合 ユニバーサル王座戦
ブロック・レスナー(C) vs. ロマン・レインズ
※ブロック・レスナーはTシャツを着ていない、そしてレインズにはまだブーイングが多いか?

※ゴングとともにレスナーがショルダータックル。レインズもアッパーで反撃するが、レスナーはスープレックス3連発。レインズもスーパーマンパンチでレスナーを場外に落とすと、さらに追いかけて場外でもスーパーマンパンチ!そしてリングに戻るとレインズはクローズラインでレスナーを叩き落とす。
レインズは場外まで追いかけるが、レスナーはカウンターのフロントスープレックス。さらにもう1度フロントスープレックスを決めるがレインズは頭から落ちる。レスナーはさらにフロントスープレックスでレインズをアナウンステーブルに投げつける。
レスナーはレインズをリングに戻すと、さらにスープレックス。レスナーは “スープレックス・シティ・ビッチ” と言ってからスープレックスおかわり。次はフロントスープレックス。苦しいレインズ。レスナーはもう1度レインズをフロントスープレックスで投げると、レインズは場外に落ちてしまう。
レスナーはレインズを場外バリケードに叩きつけるとレインズを持ち上げるが、レインズは抜け出しレスナーをコーナーポストにぶつける。さらにスピアーでレスナーを持ち上げてアナウンステーブルに叩きつける!
そしてリングに戻るとレインすはスーパーマンパンチ、そしてスピアー。もう一度スピアーを決めるがカウント2!今度はレスナーが苦しい。レインズはもう1発スピアーを狙うが、レスナーはカウンターのジャンピングニーを叩き込むがカウント2!レスナーはレインズを持ち上げF5を決めるがカウント2、そしてもう1度F5を決めるがまたもカウント2!

叫ぶレスナー、怒りの3回目のF5を決めるがまたもカウント2!レスナーはレインズを場外に落とすと、今度はアナウンステーブルの上にF5を決める。レスナーはレインズをリングに戻すと、今度はジャーマンスープレックス。レスナーに笑顔が戻る。そしてF5を決めるがまたまたレインズはカウント2で返す!
レスナーはオープンフィンガーグローブを外すと、馬乗りになってレインズの頭を何度も殴る。レインズの頭から出血。そしてレスナーはまたF5を狙うが、抜け出したレインズはレスナー2発を決めるがカウント2!レインズは2回ロープの反動を利用してスピアーを決めようとするが、レスナーがタイミング良くレインズを持ち上げてカウンターのF5を決めてようやくカウント2!
勝者:ブロック・レスナー
※何とレスナーが王座防衛に成功!少し前にレスナーは契約更新の交渉を行ったかもしれないの情報があったが、もし契約延長となると短期か長期か? UFCはどうなるのか?

ーーーーーーーーーー

※:第7〜9試合の結果はこちら

※:第4〜6試合の結果はこちら

※:第1〜3試合の結果はこちら

※:KICKOFFショーの結果はこちら


(情報:WWE.com)