[新日本プロレス] 速報 2.5北海道・札幌 ニュー・ビギニングin札幌:オカダ・カズチカvs.鈴木みのる

2017年2月5日(日)北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる「THE NEW BEGINNING in SAPPORO <復活!雪の札幌決戦>」第9試合以降の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.2.5
ニュー・ビギニングin札幌 試合結果

全試合終了!

第9試合 IWGPヘビー級王座戦
オカダ・カズチカ(C) vs. 鈴木みのる

※風になれリングイン、鈴木は1人で登場。

※手下は別で入場していたらしい

※メインイベントなのにグダグダに……。

※オカダ・カズチカの右足にはテーピングが

※鈴木がクリーンブレイクと思わせといて、オカダの右ヒザにキック、さらにヒールホールドを決める。オカダは場外にいったん逃げる。リングに戻ると、鈴木は再びオカダの右ヒザを蹴る、しかし耐えるオカダ。そしてエルボー合戦から鈴木の顔に低空キック、鈴木はロープ越しの腕十字を決めようとするが、オカダは三角飛びのドロップキックで鈴木を場外に落とす。そしてオカダは場外でDDTを決める!
リングに戻ると、オカダは鈴木にエルボースマッシュの連打、鈴木は耐えるがオカダはエルボースマッシュで鈴木を追い詰める。そして場外フェンスに鈴木を叩きつけるが、タイチが邪魔してくる。すると鈴木が反撃、カメラの三脚でオカダの足を攻撃、さらに鉄柵を絡めてヒールホールドでオカダの足を攻める。さらにパイプ椅子でオカダの右ヒザを叩きつける!

リングに戻ると、鈴木はおこだの右足を持って、ヒザにエルボーを叩き落とす。そしてオカダの右足をロープにかけて、その右ヒザにドロップキック、そしてヒザ十字を決める!さらにクロスヒールホールドに移行!そして変形レッドインク!鈴木はオカダを知っている!

さらに鈴木はオカダの右ヒザにストンピング、オカダはエルボーで反撃するが、鈴木のエルボーを食らうと踏ん張れずに倒れてしまう。鈴木はオカダのヒザにストンピング、オカダがエルボーで必死の反撃、さらにネックブリーカー!そしてDDTを決める!しかし鈴木が反撃、オカダの顔面にフロントハイキックから、サッカーボールキック、そして再びヒールホールド、オカダピンチ!
さらに鈴木はオカダの右ヒザにストンピング!しかしオカダは鈴木をコーナーに乗せてから、ドロップキックを決めて鈴木を場外に落とす。リングに戻った鈴木に、オカダは長距離ミサイルキックを決める!

そしてダイビングエルボーを決めてから、レインメーカーを出そうとするが、鈴木は抜け出してヒザ十字、そしてヒールホールドに移行する。外道がタオルを持ち出す……。

タオル投入はなかったが、鈴木は今度は足4の字固めを決める。外道もタオルを持ってどうしようか迷っているが、オカダは何とかロープに逃げる。

鈴木はオカダの胸にヒザを入れる、しかしオカダはヘビーレインで反撃!オカダはエルボーで攻めると、鈴木はレフェリーをオカダにぶつける。レフェリーが倒れると、タイチがリングに入ってくる。するとあーちゃ-&スミスJr.が入ってきてオカダにストンピング、しかしCHAOSの石井&矢野が入ってきてオカダを救出!鈴木軍の子分たちが石井&矢野と外道に連れ出されると、オカダは鈴木にフロントハイキック、そしてドロップキック、さらにゴッチ式パイルドライバーをしようとするが、抜け出した鈴木はアンクルホールド、そしてヒールホールドに移行。
鈴木はへし折るぞと言い出す、しかしオカダは耐える、オカダの選手生命に関わるかもしれない!オカダは左足で鈴木の顔を蹴るが、鈴木はオカダの右足を離さない!

鈴木は体を反転させて、変形インディアンデスロックの体勢に!鈴木は落ちろ新日本!と叫ぶが、オカダは何とかロープに逃げる!しかし鈴木はオカダの右足を蹴る。そしてオカダを立たせると、オカダの顔に張り手連打。しかしオカダは前に出て鈴木の顔を叩く!そsにて2人の叩き合い!しかし鈴木はスリーパー、しかしオカダはリバースネックブリーカーで反撃、鈴木はドロップキックで反撃!鈴木はさらにオカダの顔を叩き続けて、スリーパーを決める!オカダは徐々に意識が無くなっていく、そしてゴッチ式パイルドライバーの体勢になるが、何とか耐えたオカダはレインメーカーで反撃、フォールには行けないが、オカダは鈴木の手を離さない。しかし鈴木は手を掴まれながら、オカダの顔を叩きまくる。しかしオカダは耐えてレインメーカーを決める、そしてジャーマンスープレックスを決めて止めのレインメーカーをブチ決める!

■試合結果
オカダ・カズチカ(C) vs. 鈴木みのる
フィニッシュ:レインメーカー

※試合後のオカダのマイク「1人戦い相手がいます、しかしそれはニュージャパンカップに出ないと思います。興味があるのはタイガーマスクW、新日本プロレスがOKというのなら、オカダvs.タイガーマスクW、やらしてください。」

※バックステージでタイガーマスクWの事について聞かれたオカダは “一通りの選手と試合をしたので、タイガーマスクWが誰だかは知らないですけど、自分はNJCは関係無いから、その間でやるのも面白いんじゃないかと。その方が実現するかと思う” と話す。

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:5,545人(超満員)

ーーーーーーーーーー

※:第7〜8試合の結果はこちら

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)