[WWE] 速報 9月26日のRAW シンシナティ大会 試合結果:後編

raw2016_0926

現地時間9月26日(月)オハイオ州シンシナティから放送のRAW試合結果の後編です。


WWE.com 2016.9.26
今週のRAW試合結果:後編
(Results of This Week RAW)

第4試合:クルーザー級タッグマッチ
リッチ・スワン&セドリック・アレキサンダー
vs.
リンセ・ドラド&ドリュー・グラック
※リンセ・ドラドとドリュー・グラックはRAW初登場!
※アレキサンダーがグラックにジャックナイフ式エビ固めを決めて勝利!




第5試合:タッグマッチ
セザーロ&シェイマス
vs.
ニック・カトラー&ウィリス・ウィリアムズ
※カトラー&ウィリアムズはインディ選手
※噛み合わないセザーロとシェイマスだが、シェイマスのブローグキックの後、セザーロが3カウント奪って勝利!




※バックステージ:トム・フィリップがTJパーキンスにインタビュー、パーキンスは1998年からこれが自分の夢だった。まさか自分がRAWに出場しているとは思わなかったと言うと、そこにブライアン・ケンドリックが現れる。
ケンドリックは今までのキャリアで俺に借りがあるだろ、俺にはベルトの借りがある。俺たちが次に会うのはリングの上だと言って去っていく。


※シャーロットのプロモ:シャーロットがデイナ・ブルックを従えリングに現れる。シャーロットは大方の予想に反して昨日のPPVで勝利して見せた。私が彼女達と違うのは有言実行してみせること。私はハグ大好きベイリーでもないしネットで大人気のサシャ・バンクスでもない、私はマネーメイカーでこのディビジョンの顔なのと言ったところでサシャ・バンクスが現れる。
サシャは昨晩は確かにシャーロットが勝った。でもベイリーから勝ったのであって私は負けてない。だからリマッチを要求する。今ここで!と言うと、シャーロットはじゃぁ挑戦させてあげようかと言ってローブを脱ぐが、来週のロサンゼルスでねとスカす。するとサシャはシャーロットを叩いてデイナにバンク・ステートメントを決める。シャーロットが救出するが、サシャは2人をリングから叩き落とす!
来週シャーロット vs. サシャ・バンクスのRAW女子王座戦!


※バックステージ:肋骨を負傷して欠場のセス・ロリンズが会場に現れる。フォーリーがロリンズを止めようとするが、ロリンズは昨日ステフがトリプルHのリムジンに乗るのを見た。それにオーエンズの自慢話なんて聞きたくないと言う。しかしフォーリーはまだロリンズの体は治っていないと止めるが、ロリンズはこんなのすぐ治ると言い返す。



第6試合:クルーザー級マッチ
TJパーキンス vs. トニー・ニース
※ニー・バーでパーキンスの勝利!
※来週はパーキンスvs.ケンドリック




※ジェリコのハイライトリール:リングに上がったジェリコは観客に向かって黙れ黙れと言う。そしてジェリコの親友のアシュトン・カッチャーとダニー・マスターソンのビデオを流し、彼らは来週LAでのRAWにやってくると言う。そしてもう1人の親友、ユニバーサル王者ケビン・オーエンズを呼び入れる。
オーエンズはクラッシュ・オブ・チャンピオンズPPVでロリンズに勝利した。ロリンズはWWEで最もデンジャラスな男かもしれないが、その男に俺が勝ったという事は俺がWWEで最もデンジャラスな男になったという事だというと、そこにロリンズが登場する。
しかしロリンズはセキュリティに止められてしまう。さらにミック・フォーリーも現れて、ロリンズはリングに向かうのを諦める。オーエンズはリングからロリンズの事を悪く言う。すると今度はエンツォ&キャスが現れる。2人の登場に不満のジェリコはリスト・オブ・ジェリコに書き加えると言う。オーエンズはエンツォとキャスのスペルを教えてあげる。最終的にキャスがフォーリーが俺たちのタッグマッチを決定したぞと発表してメインイベントの第7試合へ!




第7試合:タッグマッチ
ケビン・オーエンズ&クリス・ジェリコ
vs.
エンツォ・アモーレ&ビッグ・キャス
※オーエンズがエンツォにポップアップパワーボムを決めて勝利!




※:9月26日放送のRAW 前編はこちら


(情報:WWE.com)