[新日本プロレス] 速報 2.23 ROH合同興行 HONOR RISING:JAPAN 2018:第3〜4試合結果

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2018年2月23日(金)東京・後楽園ホール「HONOR RISING:JAPAN 2018 後楽園ホール大会」第3試合以降の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2018.2.23
HONOR RISING:JAPAN 試合結果

第3〜4試合まで終了!

第3試合 タッグマッチ
ジュース・ロビンソン&フィンレー
vs.
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン

※ニックとフィンレーで試合スタート!ニックはフィンレーの攻撃を避けてドロップキック、そこにマットが加わり連携攻撃。さらにジュースにも連携攻撃。華麗な連携キックで2人をなぎ倒すヤングバックス。さらにダブルヒップトスからダブルドロップキックをフィンレーに叩き込む。しかしフィンレーがニックにカウンターのマンハッタンドロップ、そしてジュースがヤングバックスにフロントスープレックス。さらにキャノンボールを叩き込む!フィンレーがマットにエルボースマッシュ連打、ジュースがブレーンバスターを決める。
ニックがエルボーとキックで反撃して2人を場外に落とすと、コーナーポストの上からひねり式ダイブ。そしてリングに戻ると、ヤングバックスは2人にシャープシューターを決める。しかしジュースがマットにフルネルソンバスターを決めて反撃、続いてフィンレーがニックにバックドロップ。しかしヤングバックスがキックとエルボーの同時攻撃。しかしジュースがキックでヤングバックスをなぎ倒す。さらにジュースパンチの連打を叩き込むが、ヤングバックスはダブルスーパーキックで反撃。フィンレーが出てくるがヤングバックスにやられてしまうと、最後はメルツァードライバーで3カウント!

■試合結果
ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー
vs.
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン
フィニッシュ:メルツァードライバー

※ヤングバックスのタイツにはオメガマーク

ーーーーーーーーーー

第4試合 トリプルスレットマッチ
KUSHIDA vs. フリップ・ゴードン vs. 高橋ヒロム

※3人は様子を伺いながら試合スタート!KUSHIDAとヒロムのエルボーをエルボーをのけ反って避けるゴードン。そして逆立ちしてアピールするが、ヒロムとKUSHIDAが同時ドロップキック。そしてKUSHIDAがヒロムに側転ドロップキック、さらにゴードンにハンドスプリングエルボー。KUSHIDAはヒロムをリングに上がらせず、ゴードンの腕にドロップキック。さらにニークラッシャーからヒザを攻めるが、ヒロムがKUSHIDAに低空ドロップキック。今度はヒロムがゴードンを攻撃。ゴードンのヒザを踏みつけてからドラゴンスクリュー。しかしゴードンはキックで反撃。さらに場外のKUSHIDAにケブラーダ。しかしヒロムがエプロンからゴードンにドロップキック!
ヒロムはKUSHIDAをリングにあげると、ラリアットを決める。しかしKUSHIDAはヒロムにホバーボードロックを狙うが、ゴードンがKUSHIDAにスーパーキック。ヒロムがゴードンにスーパーキックを決めるが3人ダウン。
ゴードンはKUSHIDAに雪崩式フランケンシュタイナー、場外のヒロムにスイサイドダイブ。KUSHIDAにリバースカミカゼからその場跳びシューティングスター。KUSHIDAがヒロムに雪崩式腕十字を決めるが、そこにゴードンがスワンダイブ式フロッグスプラッシュを決めて3人ダウン。
そして3人でエルボーの打ち合いに。そしてKUSHIDAがゴードンの腕を掴んで、ヒロムを蹴ってホバーボードロックを決める。しかし抜け出したゴードンにヒロムがバックドロップ。そしてゴードンをKUSHIDAにぶつける。ヒロムはKUSHIDAを抱えてコーナーにデスバレーボム。ゴードンがヒロムにオスカッター。さらにヒロムに450スプラッシュを決めて3カウント!

■試合結果
KUSHIDA vs. フリップ・ゴードン vs. 高橋ヒロム
フィニッシュ:450スプラッシュ

ーーーーーーーーーー

※:第5試合以降の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)

※:新日本プロレス関連情報はコチラ