[新日本プロレス] 速報 11.30後楽園ホール ワールドタッグリーグ2017:Bブロック KESvs.ウォーマシン試合結果

※:新日本プロレス関連情報はコチラ
2017年11月30日(木)東京・後楽園ホール「WORLD TAG LEAGUE 2017」第9試合の試合結果の速報です。


青空プロレスNEWS 2017.11.30
ワールドタッグリーグ2017 試合結果

全試合終了!

第9試合 WTL Bブロック4回戦
レイモンド・ロウ&ハンソン(2勝1敗)
vs.
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.(3勝0敗)

※ロウとアーチャーで試合スタート!ロウが打って来いよアピール、アーチャーはエルボーを叩き込む。続いてアーチャーも打って来いアピール。そしてロウがエルボーを叩き込む。二人とも効いてないよアピール。そしてだんだんエスカレートしていき、当たりが強くなっていく。ロウがジャンピングエルボーを叩き込むと、アーチャーはハンマーパンチ。ロウがキチンシンクを叩き込んで、入って来たスミスも場外に落とすと、ウォーマシンはダブルスイサイドダイブを狙うが、KESはカウンターのパンチをかましてウォーマシンを鉄柵に叩きつける。
そしてリングに戻ると、アーチャーがハンソンに交通事故体当たり!続いてスミスがキャメルクラッチ!さらにKESの2人がハンソンを持ちげて叩きつける。そしてスミスのフロントスープレックスからクロスフェイス。そこにロウが救出に来てアーチャーにローリングエルボー、スミスにショットガンニーを叩き込んで場外のKESにスイサイドダイブを狙うが、KESに捕まってしまう。KESは場外でキラーボムを狙うが、ハンソンが救出すると、4人で場外乱闘。
リングに戻るとKESが二人掛かりでハンソンを襲うが、ハンソンはエルボーで応戦。さらにエンドレス串刺しラリアットを狙うが、KESになぎ倒されてしまう。さらにスミスが持ち上げてアーチャーがボディプレス。そこにロウが救出に来てアーチャーにエルボー。スミスにボディスラム、さらにハンソンを持ち上げスミスに叩きつける。しかしスミスはショルダータックルで反撃。ロウはスミスのエルボーを頭でガード。するとロウはTボーンスープレックス。スミスもTボーンスープレックスで返す。スミスはコーナーに登ると、ダイビングレッグドロップを狙うがロウは避けてしまう。ロウはムーンサルトを狙うがスミスは避ける。アーチャーもムーンサルトを狙うが、ロウは避ける。するとハンソンもムーンサルトを狙うが、アーチャーは避けてしまう。結局誰も決められない。
そしてハンソンとアーチャーがラリアットでぶつかり合う、ロウがアーチャーにエルボーを決めると、スミスがロウにエルボー、ハンソンがスミスに顔面キックを決める。ハンソンはスミスを場外に落とすと、スイサイドダイブを狙うが、アーチャーが交通事故タックル。ロウがアーチャーにジャーマン。スミスがロウを叩きつけと、KESがロウに合体ラリアット。しかしウォーマシンはKESに同時顔面蹴り。
ロウがアーチャーにバックブリーカーからサンダーファイヤーパワーボム、さらにハンソンがボディプレス。そしてロウがスミスにエルボー、フォールアウトを決めるが、アーチャーがカット。するとアーチャーがハンソンにロックボトム。ロウがアーチャーにエルボーを決めるが、KESはロウにキラーボム、しかしハンソンがカット。するとウォーマシンがスミスにコンボスラム、そして再びフォールアウトを決めて3カウント!

■試合結果
レイモンド・ロウ&ハンソン
vs.
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
フィニッシュ:フォールアウト
※ウォーマシンが3勝1敗
※KESは3勝1敗

※試合後、本間は練習すると言って帰ってしまう。

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:1,717人(札止め)

ーーーーーーーーーー

※:第7〜8試合の結果はこちら

※:第5〜6試合の結果はこちら

※:第3〜4試合の結果はこちら

※:第1〜2試合の結果はこちら


(情報:新日本プロレス)

※:新日本プロレス関連情報はコチラ