[WWE] 速報レッスルマニア33 試合結果:第6〜7試合結果

現地時間2017年4月2日(日)フロリダ州オーランド「WWEレッスルマニア33」第6試合以降の試合結果速報です。


WWE.com 2017.4.2
WWEレッスルマニア33試合結果
(Live Coverage: WWE WrestleMania 33 Result)

第6〜7試合まで終了!

第6試合 ノン・サンクションド戦
セス・ロリンズ vs. トリプルH
※何が起こってもロリンズはトリプルH夫婦とWWEを訴える事は出来ない。

※トリプルHとステフが登場!ステフはしたり顔

※ロリンズの右足はまだ悪そう

ゴングとともに殴りあう2人、ロリンズが殴り勝つ。そして場外に出ると、ロリンズはショルダースルーでトリプルHをフロアに叩きつける。リングに戻るとトリプルHはロリンズの右足を狙うが、ロリンズはエンズイギリで反撃!場外に逃げるトリプルHに対して、ロリンズはダイブ2連発を決める。そしてトリプルHをアナウンステーブルの上に連れて行き、ペディグリーを決めようとするが、トリプルHはロリンズの右足を叩いてDDTでロリンズの頭をアナウンステーブルに叩きつける。
トリプルHはパイプ椅子を取り出しロインズの右足を叩く。さらにロリンズの右足にヒザを落とす。リングに戻ってもトリプルHはロリンズの右ヒザに一点集中攻撃。
ロリンズの右足をセカンドロープにかけて、右足を蹴り続けるトリプルH。ロリンズはパンチからターンバックルにフェイスバスターを決めて反撃。コーナーポスト上の攻防となるが、ロリンズがサンセットフリップパワーボムを出そうとするが、着地した時にヒザを痛めてしまう。トリプルHはセカンドロープに立ったままロリンズの頭を殴るが、ロリンズはトリプルHを抱えて、反対側のコーナーにバックルボムを決める。さらにトリプルHを場外に落とすと、ロリンズはコーナーポストの上に立ってダイビングクロスボディ。そしてロリンズはリング下からパイプ椅子とテーブルを取り出す。リングに戻ったトリプルHにフロッグスプラッシュを決め、パイプ椅子で叩こうとするロリンズだが、トルプルHは避けて逆にロリンズの右足にパイプイス攻撃。そしてパイプイスをロリンズの右足にかけて、そしてパイプイスを上から踏みつける。ロリンズもスーパープレックスからのファルコンアローで反撃、そしてコーナーに登るとステフがロリンズを押して落としてしまう。そこにトリプルHは裏足4の字固めを決める。なんとか逃れたロリンズだが、トリプルHはスレッジハンマーを取り出す。しかしロリンズはエンズイギリで反撃!トリプルHの落としたスレッジハンマーを取るロリンズ、スレッジハンマーを構えるロリンズだが、ステフが背後からハンマーを取り上げてしまう。その隙にトリプルHはペディグリーを決めるがカウント2!
トリプルHは雪崩式ペディグリーを狙うが、ロリンズはショルダースルーでトリプルHを落とす。そしてフェニックススプラッシュを決めるがカウント2!その後2人はペディグリーの掛け合いとなるが、両者決められない。するとエプロンからステフがロリンズを掴んでしまう。トリプルHがロリンズを襲うが、ロリンズはかわしてトリプルHとステフが誤爆しそうになる。寸前で止まったトリプルHだが、ロリンズがスーパーキックを決めるとトリプルHはステフとぶつかってしまう。エプロンから飛ばされたステフは、場外のテーブルに叩き落とされてしまう。動揺するトリプルHにロリンズがペディグリーを決めて3カウント!

■試合結果
セス・ロリンズ vs. トリプルH
フィニッシュ:ペディグリー

ーーーーーーーーーー

第7試合 WWE王座戦
ブレイ・ワイアット(C) vs. ランディ・オートン

※ワイアットは1人で登場、続いてオートン登場!オートンに蛇がついてくる。

オートンはいkなりマウントポジションからパンチ連打、場外に逃げるワイアットだが、オートンは追いかけて再び殴る。ワイアットはリングに戻ると、後から戻ったオートンに体当たりをかます。そして反り返るとリングに芋虫が映し出される。シスター・アビゲイルかな?

そこからワイアットの猛攻が始まる、さらにミミズの映像を映し出すと、ワイアットはオートンにチョークスラムを決め、そしてセントーンで追撃。オートンも反撃を試みるが、ワイアットはショルダータックルを決め、オートンは場外に逃げる。
エプロンからオートンを攻撃示諭とするワイアットだが、オートンが反撃。しかしワイアットはシスター・アビゲイルでオートンの頭を場外バリケードに叩きつける。リングに戻る2人だがオートンは再び場外に逃げる。追いかけるワイアットにオートンは場外でRKOを決める。そしてリングに戻してフォールするがカウント!
オートンはエヴェレイテッドDDTを決めROKを狙うが、ワイアットは隙をついてシスター・アビゲイルを決めるがカウント2!さらにワイアットはリングにゴキブリ?みたいな映像を映し出してトドメのシスター・アビゲイルを狙うが、待ち構えていたオートンはRKOを決めて3カウント!

■試合結果
ブレイ・ワイアット(C) vs. ランディ・オートン
フィニッシュ:RKO
※オートンが新WWE王者に!

ーーーーーーーーーー

※:第8試合以降の結果はこちら

※:第4〜5試合の結果はこちら

※:第1〜3試合の結果はこちら

※:KICKOFFプレショーの結果はこちら


(情報:WWE.com